不用品回収、ゴミ処分、部屋の片付けならエコダッシュにおまかせください

行政サービスと不用品回収業者との違いとは

対象品目が異なる

自宅にいらないものがあるとき、どのような方法で捨てるべきか迷うのではないでしょうか。
多くの人が思いつくのは粗大ゴミとして処分する方法です。
行政のサービスであるため、信頼感があり安く済むといったイメージがあるでしょう。
しかし、不用品回収を依頼するのもお勧めです。
行政サービスと比較し、どちらが自分に合った方法なのか判断してみてはいかがでしょうか。
捨てるものや量によって適切な方法が異なるため、それぞれの特徴を知った上で決めることが大切です。
大きな違いは、引き取ってくれる品目です。
行政サービスはサイズが大きくても処分してくれますが、家電リサイクル法に定められているテレビ、エアコン、冷蔵後、洗濯機は対象外となっています。
また、パソコンリサイクル法の規定によってパソコン本体、ディスプレイ、ノートパソコンなども引き取ってくれません。
一方、不用品回収では引き取りの対象となっているため、このようなものでも処分してくれます。

費用と利便性

費用についても違いがあります。
粗大ゴミとして捨てると比較的安く引き取りをしてくれますが、業者に依頼すると、各品目で料金が設定されており、それに人件費や運搬料などがかかってくるため、高くなってしまう場合も少なくありません。
しかし、業者によってはトラック詰め込み放題というプランがあり、定額でトラックに乗せられるだけ乗せるというお得なパッケージがあります。
自宅丸ごとお片付けをしたい時には、単品で引き取ってもらうよりも費用が安くなるため、上手に活用しましょう。
また、利便性にも違いがあります。
粗大ゴミとして回収してもらうには決まった場所に指定された日時を守って自分たちで運ばなければなりません。
基本的には土日は受け付けていないため、仕事などでいけないという人も多いはずです。
不用品回収であれば、自宅まで取りにきてくれるだけでなく日時も指定することができます。
そのため、忙しい中でも隙間時間に依頼することができるのです。
このように様々な違いがありますが、手間と時間をかけずにいらないものを捨てたいのであれば業者に依頼することをおすすめします。